バックナンバー

2022/5/15

<メールマガジン>
【株式会社ヒューマンアイ通信】Vol.116 2022年 5月号

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

     ☆  株式会社ヒューマンアイ  メルマガ  Vol.116  ☆
                                          2022年5月配信

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

  平素より格別のお引き立ていただき誠にありがとうございます。

  現在弊社サービスをご利用いただいているお客様および、以前ご
訪問をさせていただきました企業様へ向けて、人材ビジネス関連の
有用な情報をご提供させていただく趣旨にて、本メールマガジンを
送信させていただいております。

  今後の人材サービスの有効的なご利用への一助となれば幸いと存
じますので何卒よろしくお願い申しあげます。

_/_/_/_/   I  N  D  E  X  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1.特定技能「産業機械製造業分野」が見込み数上限に
  ~4月26日に製造3分野の統合を閣議決定~

2.ちょっとブレイク
  ~お役立ち?・おもしろ情報のご紹介~
  『食欲が増す色・減退する色』

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


■1.特定技能「産業機械製造業分野」が見込み数上限に

~4月26日に製造3分野の統合を閣議決定~


  新しい在留資格である「特定技能」が2019年4月に創設され、3
年が経過いたしました。
  当初、特定技能1号の受入人数は、2024年までの5年間で約34.5
万人との見込みが示されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大
に伴う入国制限等もあり、2022年2月末の速報値で57,762人と遅れ
が出ている状況です。

  一方で、業種によっては技能実習2号修了者の在留資格変更や国
内での評価試験による受入れが進んでおり、4月1日には「産業機
械製造業分野」が受入れ見込数の上限を超えたため、在留資格認定
証明書の交付が一時的に停止されました。
  ただし、4月26日には「素形材産業分野」「産業機械製造業分野」
「電気・電子情報関連産業分野」の現行製造3分野の統合が閣議決
定され、「産業機械製造業分野」の在留資格認定証明書の交付停止
措置は失効し、再度の受入れが可能となっております。

  特定技能在留外国人数の2022年2月末の速報値を以下に示します。


    分野・業種    受入見込数上限 2月末在留人数  見込比(%)
------------------------------------------------------------
1  介護                  60,000      5,971      10.0
2  ビルクリーニング      37,000        770       2.1
3  素形材産業            21,500      3,482      16.2
4  産業機械製造業         5,250      5,400     102.9
5  電気・電子情報関連     4,700      2,876      61.2
6  建設                  40,000      5,639      14.1
7  造船・舶用工業        13,000      1,712      13.2
8  自動車整備             7,000        895      12.8
9  航空                   2,200         42       1.9
10  宿泊                  22,000        122       0.6
11  農業                  36,500      7,223      19.8
12  漁業                   9,000        597       6.6
13  飲食料品製造業        34,000     20,896      61.5
14  外食業                53,000      2,137       4.0
------------------------------------------------------------
    計                   345,150     57,762      16.7
※3~5は統合


  上記のとおり、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を大き
く受けた「航空」「宿泊」「外食」等の業種は受入が進んでおりま
せんが、一方で「製造3分野」や「飲食料品製造業」では受入が進
み、「飲食料品製造業」においては本年8月頃には受入れ見込数の
上限を超える可能性があります。

  今回のように、在留資格認定証明書の交付停止措置がとられた場
合は、制度開始後5年を待つ、もしくは、受入見込数の見直しがな
されない限り、国外から特定技能外国人を招聘することができなく
なります。
  なお、この場合でも国内の外国人が特定技能1号への資格変更を
申請した際には、必要な要件を満たせば許可されます。

  3月1日より観光目的以外の外国人の新規入国を再開する等、入
国制限が緩和され、さらに4月8日からは米英など106ケ国・地域
を新型コロナウイルスの水際対策として指定している入国拒否の対
象から外す措置がとられております。

  海外にいる特定技能外国人のご採用を再開された企業様も多いか
と存じますが、受入状況をご確認の上、業種によっては早めのご対
応をお勧めいたします。
  併せて、弊社へご相談を賜れれば幸いです。


※出入国在留管理庁HP:特定技能「素形材産業分野」、「産業機械
  製造業分野」及び「電気・電子情報関連産業分野」の統合等につ
  いて
https://www.moj.go.jp/isa/policies/ssw/03_00018.html


■2.ちょっとブレイク  ━━━━━━━━━・・・・・・………

~お役立ち?・おもしろ情報のご紹介~

『食欲が増す色・減退する色』 

  コーディネーター課の小野と申します。

  新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの生活にも大きな影響
をもたらし、従来のライフスタイルが大幅に変わってしまったと、
多くの方が感じていらっしゃることと思います。

  私もその一人で、コロナ禍になる前は仕事帰りには飲み会、休日
には食べ歩きや旅行など、友人との交流を含め外に出る機会の方が
多かったのですが、自粛期間が続き仕事帰りも休日も家で過ごすこ
とが多くなりました。

  感染拡大当初は、しばらくの我慢と思っておりましたが、なかな
か終わりが見えない状況に、どうしたら家で快適に過ごせるかを考
えるようになりました。
  そしてある日、家に居ながらして旅行気分が味わえる、お取り寄
せグルメを思いつき、それから毎週のように各地方の名物をお取り
寄せするようになりました。
  その結果、体を動かさずして美味しい物ばかりを食べているため、
当然ながら体重が日々増加し続け顔も体もかなり丸くなりまして…
最近やっとダイエットをしようと決意をしました。

  ただ、基本的に運動が苦手なのもあり、楽に簡単に痩せる方法は
ないか模索していたところ、テレビで「食欲が増す色・減退する色」
の特集をちらりと見て、すぐに興味を持ち調べてみることにしまし
た。

  調べた結果、なんと料理を一目見た時に「食べたい!」「食べた
くない!」と判断するのに一番影響している器官は視覚であり、色
が食欲をコントロールしてしまうと知りました。

  ダイエットに繋げるために、私なりに「食欲が増す色・減退する
色」の取りまとめをしてみましたので、ご紹介させていただきます。

○食欲が増す色
  (1)赤、オレンジ、黄色などの暖色系
  (2)赤を引き立たせる緑との組み合わせなど
  ※食欲をそそる色として神経が刺激されることにより血圧や脈拍
    数が上昇し、体温も上がって食欲増進に繋がります。

●食欲が減退する色
  (1)青・青緑・紫など
  (2)寒色系
  (3)自然界に存在しない色
  ※食欲を減退させる色として神経を刺激し、暖色系とは逆に体温
    や血圧が下がることで「テンションダウン」状態となり、血流
    も悪くなり内臓の働きが鈍るので食欲減退に繋がります。

  上記の効果を利用してダイエットに繋げるとしたら、例えば、青
いカレーや青いラーメン、青い器や青いテーブルクロスなどで、あ
る一定期間全てを青一色にし、食欲を減退する方法も実際にあるそ
うですが、私の場合は「美味しく食べられないのはちょっと~!」
の気持ちの方がはるかに勝ってしまい、実践できませんでした。

 ダイエットの選択肢は多数ありますが、私のダイエット歴からは
有酸素運動が一番効果的であったことを経験しております。
  楽に簡単に痩せる方法を考えるよりも、バランスの良い食事を取
りながら、1分でも多く有酸素運動をした方がダイエットの効果が
あることを、今改めて痛感しております。
  もちろんこれは、ダイエットだけに限らず全てに通じることで、
少しずつでも着実に積み上げていくことが成功へ繋がる道だと思い
ます。

  これからますます暖かくなり、運動がしやすい季節になりますの
で、まずはウォーキングから始めてみようと思います。

  最後に、一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様の
ご健康を心よりお祈り申しあげます。

                  <文責:コーディネーター課  小野  ひろえ> 


☆本メルマガのバックナンバーをご覧になりたい方は、弊社HPをご
  参照ください。

  URL:https://www.human-i.co.jp/


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

発行責任者
株式会社ヒューマンアイ 
狭山営業所  太田サテライト(営業推進担当)  羽根  英治

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/