【株式会社ヒューマンアイ通信】Vol.104 2021年 5月号

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


☆ 株式会社ヒューマンアイ メルマガ Vol.104 ☆

2021年5月配信


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


平素より格別のお引き立ていただき誠にありがとうございます。


現在弊社サービスをご利用いただいているお客様および、以前ご訪問をさせていただきました企業様へ向けて、人材ビジネス関連の有用な情報をご提供させていただく趣旨にて、本メールマガジンを送信させていただいております。


今後の人材サービスの有効的なご利用への一助となれば幸いと存じますので何卒よろしくお願い申しあげます。


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


1.新型コロナウイルス感染症関連業務の委託契約と、労働者派遣契約のご紹介


2.ちょっとブレイク

~お役立ち?・おもしろ情報のご紹介~

『踊りの歴史・魅力について』


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



■1.新型コロナウイルス感染症関連業務の委託契約と、労働者派遣契約のご紹介


新型コロナウイルスの感染症は、GW明けの第4波が猛威を振るっており、変異株の流行も含め予断を許さない状況です。

これに伴い、東京・大阪・北海道等の1都2府1道5県には緊急事態宣言が、神奈川・埼玉・沖縄等の10県の一部市町村にはまん延防止等重点措置が発令されております(5月16日時点)。


昨年からの感染拡大に伴い、特に外食・流通小売・観光・旅客等では大きな打撃を受けておられる企業様もあるかと存じます。


政府は感染収束への取り組みやこれらの産業の救済として、2020年度だけでもコロナ予備費の内9.1兆円を支出することを含め、73兆円を超える規模での経済対策を行っております。


弊社では、これに関連しこれまでと異なる業務でのご要請をいただいております。

秘密保持の面から詳細は記載できませんが、以下にご紹介いたします。



(1)ワクチン接種会場の設営~運営業務一式


この事業はある首都圏の自治体の入札案件ですが、弊社が企画をして委託契約で受諾したものです。


今回は上記自治体の市内に複数設置された会場の中でも、メインとなる常設会場(月~金)を受託することができました。


この会場は弊社の社員がレイアウトの企画や備品の選定及び購入、フローチャートの作成、会場設営までを対応し、実際に運営を行う20名超のスタッフを採用して教育を施した後に演習を実施し、受付・案内等の業務に配置して稼働しております。


前述のプロセスを経て、3月に会場の設営や演習などを実施し、4月に会場設営を完成させ、今月5月から実際のワクチン接種業務の運営を開始しております。



(2)一時支援金の書類審査業務


上記業務にて受託された企業様にPCでのオペレーターを派遣させていただいております。

SV(スーパーバイザー)も含め50名強のスタッフが稼働しております。



(3)ワクチン接種会場への看護師の紹介


自治体から要請をいただき、接種者の振り分け・注射器への充填・接種後の経過観察等の業務にて、看護師の紹介のご要請をいただき対応中となります。



医師や看護師等の医療関連従事者の派遣においては、労働者派遣法では産休・育休・介護休暇中の代替者やへき地・離島等の病院を除き、医療行為を伴う業務での派遣は禁止されております。

しかしながら、新型コロナウイルスのワクチン接種が全国で開始され、注射を打つ看護師が不足する状況を受け、厚生労働省は4月23日の省令の改正をもって新型コロナウイルスのワクチン接種に限り看護師の派遣が解禁されました。


今後も休眠看護師の掘り起こし等、派遣会社へご依頼をいただく機会も増えて来ることが予想されます。


弊社といたしましては、新型コロナウイルスの感染収束や経済の活性化に向けた政府自治体・企業様の取り組みに対して、人材面でのご協力を差しあげることが会社としての責務と存じております。


併せて、上記のとおりこれまでと異なる業種・業務でのご要請を通して人材確保のノウハウも蓄積されたところでございます。


引き続きよろしくお願い申しあげます。



※内閣官房HP:新型コロナウイルス感染症対策

https://corona.go.jp/emergency/


※厚生労働省通知:看護師派遣に関わる省令の改正について

https://www.mhlw.go.jp/content/000774927.pdf



■2.ちょっとブレイク ━━━━━━━━━・・・・・・………


~お役立ち?・おもしろ情報のご紹介~


『踊りの歴史・魅力について』


厚木北営業所の有馬と申します。


世界には様々なジャンルの踊りがありますが、今回はそんな「踊りの歴史や魅力」についてお話させていただきます。


まず私のことをお話させていただくと、中学生の頃に友人がさりげなくダパンプの曲のダンスを踊っており、自分もいつか踊れるようになりたいと思ったのがダンスを始めたきっかけです。

中学校卒業するまで友人とブレイクダンスをし、高校に入ってからはヒップホップほか色々なジャンルにも興味を持つようになりました。


始めた理由は単純ではありますが、踊っていくうちにダンスの歴史にも興味を持つようになり、高校卒業後にアメリカへダンスを学びに行きました。


今回私の好きなダンスの歴史を2つお話させていただきます。


1つ目は「ブレイクダンス」に関してお話させていただきます。


そもそもどのように誕生したのか皆様はご存知でしょうか?


昔のニューヨークは今では考えられないくらい治安が悪く、ギャングが多かったのが有名です。

1970年代はニューヨークのサウスブロンクス地区では銃撃戦が多かったのですが、その銃撃戦の代わりにブレイクダンスのバトルで決着をつけあったことから発展に繋がったと言われております。


今はダンスバトルというのは普通に使われていますが、誰も傷つけずに技を見せあって決着をつけるという、アメリカらしい歴史があって今のダンスがあると思うと面白いですよね。


続きまして、2つ目は「ムーンウォーク」の歴史についてお話させていただきます。


ムーンウォークといったら誰もが知るマイケルジャクソンの有名な技ですが、みなさんはこの「ムーンウォーク」がどうやって誕生したかご存知でしょうか?


この「ムーンウォーク」という技の名前はマイケルが考えましたが、本当は「バックスライド」というちゃんとした名前があり、実は彼が考えた技ではないのです。


ではどうやって誕生したのか、それは1980年代に「ブレイクダンス」という映画があり、そのワンシーンでムーンウォークをしながら外でほうき使って掃除をするという普通ではあり得ないシーンがありました。

この掃除をしているダンサーがブガルーシュリンプという方で、マイケルに「ムーンウォーク」を教えたと言われております。


このようにマイケルが考えた技ではありませんが、彼のムーンウォークを初めて見た時は、本当に驚いたのを今でも覚えています。


踊りというのは社交ダンスやタップダンス、民族の踊り、日本だと盆踊りやソーラン節等といった様々なジャンルがありますが、全て共通するのは言葉が分からなくても伝わるというところで、踊る方も楽しめ、見る方も楽しめるそういったところが魅力であります。


一つ一つの動きに意味や歴史があり、踊るだけで必ず相手に伝わる、そういったところも魅力であります。


今はコロナ禍で、室内で運動する方が増えてきております。ダンスは全身の筋肉や普段使わない筋肉を使うため、ダイエットにも効果があると言われておりますので、是非みなさんもやってみてはいかがでしょうか。


おすすめはTRFのダイエットDVDです!


<文責:厚木北営業所 有馬 直人>



☆本メルマガのバックナンバーをご覧になりたい方は、弊社HPをご

参照ください。


URL:https://www.human-i.co.jp/



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


発行責任者

株式会社ヒューマンアイ

川越営業所 兼 太田サテライト(営業推進担当) 羽根 英治


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

株式会社ヒューマンアイ通信
バックナンバー